データ保持期限が変わりますよ

Google Analyticsというアクセス解析を導入しているサイトのオーナーに、ちょっと前に以下のようなメールが送りつけられてきたと思います。

「[ご対応ください] Google アナリティクス データの保持と一般データ保護規則に関する重要なお知らせ」

これは、Google Analyticsの「データ保持期間」が変わるというメールです。まぁヨーロッパの新しいデータ保護法に対応するっぽいですね。で、Google Analyticsとしてはこれに5月25日から対応していくという内容です。

わかりやすく言うと…「アクセス解析のデータの保持について期限を設けるよ」ってことです。デフォルトは26ヶ月のようですが、26ヶ月を過ぎたデータは順次消されていくということになります。まぁ2年ちょいのデータは残りますので大きな問題はないかも知れませんが、せっかくなら過去のデータは全て見れる状態の方がいいですよね。

そのためには設定を変更しなければいけません。Google Analyticsの管理画面を開いてプロパティのトラッキング情報を見ると、そこに「データ保持」という項目があります。ここが26ヶ月になっていると思いますので、これを「自動的に期限切れにならない」に変更しておけばOKです。

弊社が管理しているお客様は全て変更しておきましたので心配ありませんが、ご自身でアクセス解析を導入されている方なんかでデータをずっと残しておきたい方は、Google Analyticsの設定を変更するようにしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です