新規顧客と既存客

先日あるお客様から「新規顧客と既存客ってどっちを大事にすればいいんだろうね?」って言われました。いや、どっちも大事なんですけどね…ただ、どちらに力を入れるべきかって聞かれたら、僕なら「既存客」って答えます。

既存のお客様を大事にできないような会社が、新規のお客様を大事にできるはずもありません。また、既存のお客様を大事にしている様子は、必ず新規のお客様にも伝わりますから。

実はこれはホームページにも当てはまる事柄でして…ホームページへのアクセスには、新規アクセスとリピートアクセスってのがあるんですね。これも先ほどの話と同じでどちらも大事なんですけど、伸ばすべきはリピートアクセスになってきます。リピートアクセスを伸ばしていかなくては反応も伸びていかないからです。

以前にも書いていますが、ホームページを訪問した方が1回目で決断をすることは稀です。ですから、まずは何度も見ていただくように仕向けなくてはいけませんし、何回か接触を繰り返すうちに気持ちを高めていってもらわなくてはいけません。そういう意味ではリピートアクセスを増やしていくのが大事なんですね。

リアルでもネットでも接触頻度って言うのは大事な指標です。接触の数や質を考えていくと、追客のしやすさに差が出ることもわかると思います。まぁそれが全てでもありませんけど、1回接触したお客様っていうのは大事にしていった方がいいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です