悩みを解決すべき

どんな人でも何か悩みを抱えて、それを解決したいと思ってネットを徘徊します。そして、その結果あなたのホームページにたどり着くわけですね。ですから、そこには「答え」があるべきなんです。

探しているものは様々です。悩みを解決する商品やサービスであったり、知識そのものかもしれません。専門家に助けを求めたいのかもしれませんし、自分で解決するための糸口を探しているのかもしれません。でも共通して言えることは…そこには「自分の悩みの解決策」を探しに来ているってことです。

ですから、よくある商品説明…例えば商品のスペックが羅列してあったりするだけでは、「何が解決するのか」「どう解決するのか」がいまいち理解できない可能性があります。

ということは、そこに何を書くべきか…「その商品を使うと何が起こるか」「どんな悩みがどのように解決するのか」など、その商品を使って解決することを書いてあげるといいんですね。より具体的な「その後」を明示してあげるべきなんです。

そして、解決策を提示すると共に、その商品を使っているお客様自身の姿をイメージできるようにしてあげられるといいですね。なぜなら、人はイメージに突き動かされる生き物ですから。

問題を解決する方法をわかりやすく提示して、使用している自分(問題が解決している自分)をより具体的にイメージさせる…これだけでも訪問者の反応(アクション)は変わってきますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です