メールが使われない

先日は4社のお客様とお打ち合わせでしたが、そのうちの2社でまったく同じ話が出ました。それは…「メールアドレス」についてのお話です。

今は、メールアドレスがだんだんと使われなくなってきています。あ、ビジネスの世界では別ですよ。まだまだバリバリ使われています。でも、一般消費者…特に若い人たちの間ではメールそのものが使わなくなってきています。

じゃあ連絡手段は何になっているかって言ったら、それはSNSです。それぞれの都合に合わせたSNSを使い分けるようになってきています。

メールマガジンなんて今や死に体というかめちゃくちゃ反応率が落ちていますが、それも当たり前の話です。メールの精読率どころか、メールソフトそのものが使われなくなってきているんですから。

それに変わるのがSNSですから、追客の方法を考え直さなくてはいけません。こちらのお客様のところでも、SNSの現状から最近の傾向、そしてどのようにマーケティングツールとして活用していけばいいかなんて話もさせてもらいましたが、ターゲット層の利用状況と共にこのあたりも考え直していかなければいけません。

一般消費者を相手にしたビジネスでは、新しいツールもどんどん使いこなしていかなければいけないってことです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です