変人でいいんじゃない?

僕はよく人から「変わってますね」って言われることが多いんですが、これは喜ばしい言葉です。だいたいが、世の経営者や起業家なんかはほとんどそうなんじゃないかと思います。変わった人じゃないと起業しようとしたり、会社を経営しようなんて思わないですから。

何が「普通」で何が「普通じゃない」かなんて人それぞれで、その人の価値観しだいです。自分から見たら普通じゃないことでも、その人にとっては普通のことかもしれません。逆に、他人から見て普通じゃなくても、自分にとって普通ならいいんじゃないでしょうか?

「変わっている」ってのは個性です。そういう意味では、普通の人なんてどこにも存在しないんじゃないかと…先ほど述べたとおり価値観は人それぞれですし、皆どこかしら必ず「個性」を持っているはずですから。

個性ってのは短所に捉えられがちですが、逆です。これは長所です。伸ばすべき部分であり、誇るべき自分のアイデンティティだと思います。だからこそ、変わってていいんです。変人であればいいんです。

「人と同じ」であろうとするより「人と違う」ことを誇りに思った方が、より魅力的な人間になれるような気がします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です