デプスインタビュー

「デプスインタビュー」という手法があります。これは相手の「無意識」にアプローチをして、本人さえも意識していないようなことを聞きだす手法です。

これと似たようなことを、僕らはホームページを作る際のファーストヒヤリングでしています。実は、お客様ってのは本人でも気がついていない「売り」の部分をお持ちだったり、強い想いをお持ちだったりします。

でもそれを本人が気がついていないケースってのも多い…というか、当たり前だと思っちゃってて「そんなことは言うまでもない」と認識されている場合って多いんですよね。

そこで、利用者の立場やターゲット層のことも想定しながら、本当にさまざま質問をすると色々なことがあぶりだされてきます。ここで言う色々なこととは「強み」だけじゃなく「弱み」なんかも出てきますが、それさえも上手に使えば「売り」にできたりもします。

そしてこれを行うことにより、お客様自身も自分の想いを再認識されたり、本当に自分のやりたいことが何かを改めて理解できたりもします。僕なんかもそうですけど、意外と人間って自分のことを理解しきれていなかったりもするんですよね…。

でも、他人…特に自分の業界とはまったく関係の無い第三者に色々とヒヤリングしてもらうと、自分でも気がつかなかった自分ってのが顔を出します。そして、そういうところに、自社の突破口が隠されていたりもするんですね。

ホームページってのは、自社の想いや強みをきちんと「認識」して、そしてそれをいかに「伝える」ことができるかどうかにかかっています。その入り口になるのが「自分自身(自社)」の理解だと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>