幹の部分は守らないと

先日、「ウイルスバスター」で知られるトレンドマイクロがハッカーによる攻撃を受けて、情報を流出したとのニュースがありました。いやいや、それを防ぐべき企業が攻撃を受けてどうするんでしょうか…。

現時点ではどこまでの情報が漏れたか不明ですが、一部ではソースコード自体が盗まれたとの情報も…これ、今後の売り上げにだいぶ影響しますよね。だって、セキュリティを売りにしている会社がセキュリティ破られちゃってるわけですから、ブランド力もガタ落ちになると思います。

会社の本幹である部分は、何があっても死守すべき部分です。ここを疎かにしてしまっては会社側が何を言っても信用されなくなるというか、本末転倒になってしまいます。

SEO会社なんかにもありますよね。「あなたのサイトの順位を上げますよ」なんて電話営業をしてきてるくせに、自社の順位は全然上がってないような会社が…いや、そもそも電話営業している時点で自社の能力の無さを露呈しているようなものです。力を持っているSEO会社は自社ホームぺージだけで集客を成功させていますしね。

会社の武器(売り)として使いたい部分には説得力を持たせなくてはいけません。そこに必要になってくるのは圧倒的な裏付けであり、信用です。口先だけでモノを売ろうと思っても売れないのと同じですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です